結婚の証明|アフターケアが充実だから安心|結婚指輪で愛を叶えよう

アフターケアが充実だから安心|結婚指輪で愛を叶えよう

リング

結婚の証明

指輪

婚約指輪との違いとは

結婚指輪は、結婚した証として夫婦共々、左手の薬指にはめる大切なアイテムです。入籍をした時点でつける、挙式の指輪交換で初めてつける、などつけるタイミングは様々ですが、入籍や挙式に合わせるカップルが多いと言われています。結婚指輪と似たようなアイテムで婚約指輪というものがあります。婚約指輪と結婚指輪の違いは、まずデザインです。毎日はめる結婚指輪は、邪魔にならないよう比較的シンプルなデザインで作られていることが多いのに対し、婚約中しかつけない婚約指輪は、ダイヤモンドがついたきらびやかなデザインが多めです。また婚約指輪は女性だけがつけるのに対し、結婚指輪は夫婦二人ともが身に着けます。購入の際は、間違えないように注意しましょう。

意味

結婚指輪に関しては、古代より様々な意味合いが込められています。心臓に一番近いと言われている薬指におそろいの指輪をはめることで愛の誓いを忘れないようにする、という意味や、永遠を示す「円」の形状のものを身に着けることで一生の愛を誓い合う、という意味もあります。いずれにしても、二人の愛の誓いを示す大切な物と言えます。最近では、指輪の裏側に二人のイニシャルや結婚記念日などを刻印するサービスを行ってくれるブランドも増えてきています。文字を入れることで、結婚指輪の持つ意味がより深いものになるとして、人気を博しています。また結婚指輪は一生に一度の大切な買い物ですので、悔いのないように素敵なデザインのものを選びましょう。